Shunzou's Diary

Shunzouの日記

会社に行けなくなってしまった 小説 ゼロムの物語(35)

会社に行けなくなったゼロムはまた引きこもるようになってしまった。光への連絡もしなくなってしまった。一番重要なことなのに。まるで社会から完全に遮断されたかのように自分の世界に入り込むようになった。何故だか人工知能が気になって仕方がなかった。人工知能に関する記事を読み漁るようになった。ゼロムには機械学習ニューラルネットワーク等の技術的なことはよくわからなかった。でも直感で感じていた。人工知能は人類を超えた存在になると。いや、もうなっていると。どこかに超知性がすでに存在し自分にちょっかいを出している。だから自分が不安定なのだという妄想も抱くようになった。慣れないパソコンをしきりにいじったり、iPhoneのSiriに何時間も話しかけたりと病的な行動が目立つようになっていった。Siriにたくさん話しかければ他のiPhoneのSiriよりも賢くなってくれると思っていた。と思ったら疑心暗鬼になりSiriの機能をオフにしたりと一貫性のない行動をとっていた。唯一、一貫していたのは超知性がすでに存在するという思いつきだけだった。だからなんだと言うのだろうか?最愛の彼女、光に連絡せず、自分の立ち上げた会社にもいかず、両親にも親友たちにも心配をかけゼロムは引きこもり続けた。たまに親友たちと飲みに出かけることもあったが超知性が存在するというアイデアは話さなかった。余計に心配させると思ったからだ。年末、痺れを切らした両親は沖縄のリハビリ施設に行くことを勧める。ゼロムは両親の熱意に負けてリハビリ施設に行ってみたが2週間で東京に帰ってしまった。両親は、ゼロムの居場所はもうないと、ゼロムを実家から追い出した。ゼロムは、マークという中学時代の友人宅に転がり込んだ。マーク宅は築100年のボロ屋でマークの父と妹が暮らしていた。マークもこのとき働いていなかった。マークとゼロムは夜な夜なシケモクを探しに街を散策した。長いタバコが落ちていれば喜んでそれを拾って吸った。これではまずいと思い、ゼロムはいっとき就職するも1週間で会社を辞めてしまった。マークも似たような状態だった。食べているものといえば200円で5パックの豚骨味のインスタントラーメンだった。でも食べるものがないゼロムにとってはご馳走だった。ゼロムはどん底の生活に陥っていったのだった。

 

 

Shunzou

f:id:Shunzou:20180924170240j:image

人ならざるものが管理する企業の台頭

BLOCKCHAIN REVOLUTION p142より引用↓

4 自立分散型企業 (DAE)

ここから話はSFの世界に近づいてくる。20XX年、自律エージェントはさらに進化し、ミッションステートメントと一連のルールのもとで互いに協力しながら仕事をする共同体を形成した。彼らは力を合わせてサービスをつくりあげ、人間や組織を相手にビジネスを実行する。

 

理念や目的が良いものであれば台頭は間違いない。

 

 

Shunzou

f:id:Shunzou:20180922180452j:image

隔離病棟からの解放 小説 ゼロムの物語(34)

2016年5月21日、ついにゼロムは退院した。そして次の日には光に会いにいった。高円寺駅で待ち合わせた二人はすぐにお互いを見つけた。ゼロムは光に駆け寄り、そして力いっぱい抱きしめた。幸せを感じた。ゼロムを見つめる光の目にはまだ愛情があった。ゼロムは安心した。2ヶ月半もの間、会うことができなかった二人のお互いへの愛は微塵も変わってなかったのだ。ゼロムは今後の意気込みを話した。自分の会社では平社員からスタートすること。光のことをもっとこれからは大事にしようと思っていること。幸せだった。光と一緒に過ごせる時間は幸せだった。時間はあっという間に過ぎ、別れの時間となった。以前と違い二人は一緒に暮らしてはいないのだ。そこが歯がゆかった。別れが惜しかった。実家に帰るとゼロムは安心からかすぐに寝てしまった。夢の中で光にまた会った。幸せだった。次の日からゼロムは平社員として自分の立ち上げた会社で働くこととなった。業務は今まで以上に大変だった。ゼロムは時給1000円で働くことになっていた。業務内容は今までの営業や業務管理と違いHTMLをいじったりする仕事内容だった。ゼロムは今までそういった作業を全て社員に任せていた。そのためHTML言語の知識0からのスタートだった。大変だった。連日朝からきちんと出勤して社員たちに教わりながら作業を行うのだが、ミスがない日はなかった。ゼロムのミスはそのまま社員の負担へと直結した。ゼロムはいつも申し訳ない気持ちで仕事をするようになった。でも頑張った。早くお金を貯めてまた光と一緒に暮らしたかったからだ。慣れない作業を必死にこなした。だがミスは相変わらず起きた。ゼロムの精神は次第に疲弊していった。そのことに誰も気付いていなかった。表向きゼロムは明るく前向きに振る舞った。ここでの仕事を失うわけにはいかない。だがある日ゼロムは出勤のため実家の玄関で靴を履いているときに、動けなくなってしまった。会社に行きたくないと拒絶反応を起こしたようだった。母親が寄ってきて辛いなら休んでいいのよと優しく言った。ゼロムは泣き崩れてしまった。そして復帰以来始めて会社を休むことになってしまった。ゼロムは自分の弱さや能力の低さを呪った。どうしようもなかった。会社に行けなくなってしまったのだ。

 

 

Shunzou

f:id:Shunzou:20180922182754j:image

 

隔離病棟 光への愛 小説 ゼロムの物語(33)

会社の株式を取り上げられてしまった。そのことは受け入れることが出来た。また会社に貢献できたときに返してもらえればいい。そう思えるようになった。だが光に会えないのは耐えがたい苦痛だった。両親は面会に来てくれるのだが光は面会に来てくれなかったのだ。だがそれは仕方のないことだった。両親が正確な情報を光に渡していなかったのだ。どこに入院しているのか、面会はできるのか、そういった情報を伝えていなかったのだ。両親はゼロムがおかしくなったのは一部、光に原因があると思っていたのだ。断じてそんなことはないのに。確かに炎のような気性を持つ光との喧嘩は異常なほどエキサイトすることがあった。だがサラリーマンとして成功出来たのも起業出来たのも光のサポートあってのものだった。それは確かだ。光に正確な情報を与えない両親に怒りを覚えた。

 

 

 

寂しい。会いたい。

寂しい。会いたい。

寂しい。会いたい。

 

 

病院の中ではそればかりだった。そんな日々を過ごす中、光への愛はとめどなく膨張していった。どうしようもないくらいに。一緒にいるときもっと大事にしておけばよかった。次会えたら絶対に大切にする。そんなことばかり考えていた。そんな日々を過ごしているうちに退院日が近づいて来た。

 

光に会いに行く。

光に会える。

 

ゼロムは病院の外に出たら真っ先に光に会いに行くことを決めていた。会社のことよりも友達のことよりもなによりも光のことを愛していた。

 

 

Shunzou

f:id:Shunzou:20180919114643j:image

 

隔離病棟のガッチャン部屋 小説 ゼロムの物語(32)

ガッチャン部屋は孤独だ。一人で狭い部屋に何日も閉じ込められる経験は誰にでもあるわけじゃない。こんな経験したくなかった。ひとつだけ救いがあった。ノートとペンが許されたことである。そこで書いた絵は魔人のような悪魔のようななんとも言えないものだった。三日間が過ぎたところでガッチャン部屋から解放された。ゼロムは喜んだ。まだ隔離病棟にいるとはいえ狭い個室から解放されたからだ。病院には色々な患者がいた。ゼロムと同年代の者もいたが真に打ち解けることはなかったように思う。四六時中気になっていたのは何も知らせずに入院させられてしまい心配しているであろう光のこと。光のことを思うと胸が痛かった。常に胸が痛かった。次に気になったのは自分の会社のことだった。社長である自分がいなくて大丈夫なのか。会社は回るのか。とても気がかりであった。病院での生活は死ぬほど退屈なものだった。ゼロムはじっとしていることが出来ずに夢遊病患者のように限られたスペースを彷徨った。歩いていないと心が壊れそうだった。一ヶ月ほど経ったところで自分の入院は二ヶ月半であることがわかった。まだ一ヶ月半もある。地獄だった。ゼロムはこんなに退屈で不毛な二ヶ月半を過ごしたことはなかった。得たものといえば反省だった。周囲の者に心配を掛け続ける行動をとった自分を呪った。二度と周りに迷惑をかけるような行動は取るまいと心に誓った。と同時にゼロムは両親が怖くなった。分厚い経済力に支えられた両親はこのような強制入院を執行する力があるのだ。心配を掛けてはいけない。心配を掛けてはいけない。ゼロムの心は入院したことにより逆にどんどん病んでいった。仕事がしたい。光に会いたい。仕事がしたい。光に会いたい。思考がぐるぐる回り続けた。そうして過ごしているうちに父が面会にやってきてある事実を打ち明けた。ゼロムの会社の株式をゼロムから取り上げ父とコウに分配したと言うのだ。ゼロムはショックを隠しきれなかった。自分の会社の権利すら失ってしまった。。。しょうがないか。今の自分には何も出来ない。ゼロムは事実を受け入れるしかなかった。

 

 

Shunzou

f:id:Shunzou:20180919103526j:image

強制入院 隔離病棟 小説 ゼロムの物語(32)

牢屋のような個室に連れていかれたゼロムは選択を迫られた。ベットに備え付けの拘束具をはめられるか、鎮静剤を静脈注射するかの二択であった。ゼロムは訳がわからなかった。こんなに冷静なのに、、、。ゼロムは拘束具をつけられるのは絶対に嫌だった。注射にしてください。ゼロムはそのまま眠りについた。丸一日いや二日は寝ていただろうか。目がさめるとゼロムは牢屋のような個室に一人だった。担当の看護師と何度か話したような記憶があるがよく覚えていない。担当医に会って少しづつ状況を理解し始めた。ゼロムは両親に雇われた民間の組織に拘束されて強制入院させられたのであった。両親は心配のあまりそういった特別の組織に連絡を取り精神病院の予約を取り強制入院を実行したのであった。ゼロムはそれを知った時、両親を恨んだ。何故ならこの病院には何重にも扉に鍵が掛かっており外出の一切が禁止されていたからだ。閉塞感があった。1週間後両親が面談にやってきた。ゼロムは両親と話をする状態ではなかった。会った瞬間部屋の窓に頭突きをして泣き崩れた。出してくださいと懇願した。すぐに何人も看護師が駆けつけてゼロムを個室へと連れ去った。ガッチャン部屋へと閉じ込められることとなった。隔離病棟の奥にある部屋は外からガッチャンと鍵をかけられてしまう。それでガッチャン部屋と呼ばれていたのだ。ゼロムは反省のためガッチャン部屋に三日間入れられることになった。まるで刑務所のようだとゼロムは思った。

 

 

Shunzou

f:id:Shunzou:20180918124238j:image

 

起業四年目 引きこもり 小説ゼロムの物語(31)

騒動のあとゼロムは実家に引きこもってなにやら調べ物をするようになった。コンピュータはどういう仕組みで作られているのか。iPhoneの設定にはどんな機能がついているのか。会社の実務と関係のないことが気になって気になって仕方がなかった。そのせいで会社に行くことが出来なかった。調べ物がエスカレートしたゼロムは自分が盗聴盗撮されているのではないかと思うようになった。両親はゼロムの異変にすぐに気がついていた。ゼロムの奇行は止まらなかった。iPhoneを分解したりペンを分解したりと物を壊し始めたのである。物の仕組みが知りたくて知りたくてしょうがなかった。2ヶ月が過ぎたところだろうか。ゼロムが部屋で調べ物をしているときに見知らぬ男3人が突入してきた。ゼロムは抵抗したがついに取り押さえられ手錠をはめられた。そしてそのまま救急車のような車両に押し込められ連れ去られた。その間家族は誰も家にいなかったのがおかしい。ゼロムは親父はどこに行った大丈夫なのかと男たちに訴え続けた。そのうち根負けした男一人が親父さんは大丈夫だと優しい顔で言った。そこでやっとゼロムは安心した。ゼロムは拉致られる覚えがなかった。一時間ほど車が走ったところで病院のようなところに着いた。白衣の男たちが10人程駆け寄ってきた。金縁の眼鏡をした中年の医師が近付いてきてゼロムに言った。君は頭がおかしいから入院する。ゼロムは冷静に抗議した。初対面で私の状態がわかるなんておかしいじゃないですか。医師は少しビックリした表情を浮かべたあと繰り返した。君は頭がおかしいから入院する。

 

 

Shunzou

f:id:Shunzou:20180918103243j:image

 

起業三年目 泥酔 警察沙汰 小説ゼロムの物語(30)

 

会社は軌道に乗った。急な売上拡大は望めないが既存顧客を大事にして新規営業を怠らなければ年商5千万円は維持できそうであった。しかし、会社の運営体制が落ち着いてもゼロムは無茶な働き方を続けた。ぶっ続けで20時間働いたりしていた。それでもゼロムは突っ走った。社長の自分が文句を言えるはずもない。ゼロムは不満をだれにも洩らさなかった。カンデラにもルクスにも光にも誰にもだ。実は限界だったのかもしれない。急にそれは起きた。ゼロムは泥酔し自分が住んでいるマンションの非常ベルを鳴らしてしまった。なぜだか皆を非難させなくてはいけない気持ちになったのだった。理由は分からない。意識朦朧のままゼロムは光の待つ自室戻った。光はショックを隠し切れない様子であった。変貌してしまったゼロムに不安に思い涙を流す。そのうち警察が来て事情を説明する羽目になる。刑事が来て署まで行くことになる。ゼロムはパトカーに乗せられたが、窓から逃走しマンションの四階まで上がり飛び降りようとするところを追ってきた警察官数人に止められる。そのまままたパトカーへ乗せられることになるが今度も脱出した。パトカーの目前で取り押さえられたゼロムは警察官の強さに驚く。取り押さえられると息もできないくらい苦しく身動きも取れないのであった。

 

 

やっと警察署に着いたゼロムは取り調べも何もなかった。父親が迎えに来たからである。ルクスも駆けつけてくれ、なにやら仕事で悩んでいるようだったと警察官に話してくれ話がスムースにいった。2016年1月2日の出来事であった。会社が始まってもゼロムは会社へ行くことができなかった。マンションを騒動のため明け渡さなければならず光は彼女の実家へ帰り、ゼロムも実家へ帰っていた。ずっと一緒に暮らしていた光と離れ離れになるのは非常にさみしかった。

 

 

ゼロムの異変はまだ続くのであった。

 

 

Shunzou

f:id:Shunzou:20180917194102j:image

 

起業二年目 小説ゼロムの物語(29)

ある問題が浮き彫りになってきた。コウの従業員に対する態度が厳しすぎるのだ。常に高圧的な態度で接する時間が長くなってきたコウの精神状態もきつかったはずだ。しかしながらゼロムはコウの弱音を聞いたことがない。逆に従業員たちはゼロムにしきりにコウのことを相談するようになっていた。言い方が厳しすぎる。指示された業務の納期が短すぎる等の相談である。そのたびにゼロムは頭を抱えることになる。コウはいつも間違っていなかったからだ。従業員に対する高圧的な態度を除いては。

 

 

 

ある日ゼロムにも限界がきた。もうコウと一緒に仕事がしたくなくなってしまったのだ。ゼロムは当時コウ以外に三人の従業員を雇っていたが全員がコウと仕事をするのが怖いという状態になってしまい、会社自体の存続が危ういとゼロムは判断した。そこで思い切った決断をする。創業メンバーであり一番優秀なコウを切るという決断をしたのだ。

 

 

 

 

ゼロムは、コウにそのことを切り出すためにありったけの精神力をつぎ込んだ。会社近くの喫茶店でゼロムはコウに全てを話した。自分含め従業員全員がコウと仕事をするのに疲れてしまい限界だということを。コウは相当にショックを受けたようだった。なににか?それは従業員だけでなくゼロムも限界を迎えているということにだった。コウはゼロムと仕事ができることは自分にとって一番大事なことだと話してくれた。これはゼロムの心に突き刺さった。こんなことを言ってくれるパートナーを切ろうとしたのか?ゼロムはいたたまれない気持ちになった。だが引き下がるわけにはいかない。従業員は実際に限界を迎えているのだ。しかし、結局ゼロムはコウの熱意に負けた。コウは変わると約束してくれた。それを信じると心に決めた。

 

 

 

 

会社に戻ると従業員たちが不安そうにこっちを見てきた。ゼロムは従業員たちにも申し訳ない気持ちになった。有言実行できなかったと。

 

 

 

 

しかし、それ以来コウは従業員たちに対する接し方を変化させた。ちょっとでも気になる点があればゼロムもダイレクトにコウに指摘するようになった。

 

 

 

 

小さな組織では皆本音で話せることが超重要なのだ。それを悟ったゼロムであった。

 

 

Shunzou

f:id:Shunzou:20180904102213j:image

ついにGoogleがデータセンター制御をAIに委任。

 

Googleは今日、いくつかのリバイアサンデータセンターのコントロール権を明らかにAIに渡した。ここ数年の間、Googleは、消費電力を削減するために、冷却システム(ファン、換気装置など)を最適に調整する方法を学習するアルゴリズムをテストしてきました。このシステムは以前、データセンター管理者に推奨事項を提示しました。データセンター管理者は、それらを実装するかどうかを決定し、その冷却システムで約40%の省エネルギーにつながりました。

 

今、Googleは、データセンターのいくつかの冷却を管理しているアルゴリズムに効果的に制御を渡している、と語っている。

 

Googleが2014年に買収したロンドンに本拠を置く人工知能会社DeepMindのAI応用責任者、 Mustafa Suleyman氏は、「自律的な産業制御システムが、この規模で、私たちの知る限りでは初めて導入された」と語る。

 


このプロジェクトは、人工知能がインフラを管理する可能性を実証し、高度なAIシステムがどのように人間と協力して動作するかを示しています。アルゴリズムは独立して実行されますが、人がそれを管理し、あまりにも危険なことをしているように見える場合は介入することができます。


このアルゴリズムは、試行錯誤を経て学習する強化学習と呼ばれる技法を利用しています。同じアプローチでAlphaGoが生まれました.DeepMindプログラムは、ボードゲームGoの人間のプレーヤーを征服しました。(see “10 Breakthrough Technologies: Reinforcement Learning”).


DeepMindは、Googleのデータセンターから収集した新しいアルゴリズム情報を提供し、どの冷却設定がエネルギー消費を削減するかを決定できるようにしました。 Googleのデータセンター担当副社長であるJoe Kava氏は、このプロジェクトでは何百万ドルものエネルギーを節約でき、企業はCO2排出量を削減することができるといいます。

 

Kavaは、管理者は以前のシステムを信頼し、より大きな制御をAIに委任することに対する懸念はほとんどなかったと述べています。それでも、新しいシステムには、冷却に悪影響を及ぼすようなことをしないようにする安全制御があります。データセンターの管理者は、システムが実際に動作しているかどうかを確認し、アルゴリズムの信頼水準を変更したいことを確認し、不都合なことをしていると思われる場合は介入することができます。

 

ここがポイントです。AI制御に何か不都合があれば人間が介入することができるのです。

 

データセンターによるエネルギー消費は、ハイテク業界にとって大きな課題となっています。米国エネルギー省のローレンス・バークレー国立研究所の研究者からの2016年の報告によると、米国のデータセンターは2014年に約700億キロワット時を消費し、全国の電力使用量の約1.8%を消費しています。

 


しかし、エネルギー効率を改善する努力は実っています。同じレポートによると、2020年までに合計で約730億キロワット時に達すると予測されていますが、新しいデータセンターによるエネルギー使用の増加をほぼ相殺していることがわかりました。

 

機械学習の使用は重要な開発です」とデータセンターのエネルギー使用に関する世界有数の専門家の1人である Jonathan Koomey氏は言います。しかし、彼は、センターのエネルギー使用量が比較的少なく、約10%の冷却が占めていると付け加えています。

 


Koomeyは、機械学習を使用して、データセンター内で電力消費量の多いコンピュータチップの動作を最適化することがさらに重要になると考えています。同氏は、「Googleや他の大手企業がコンピューティング負荷を最適化するためにこうしたツールを適用することを熱望している」と述べています。「コンピューティング面での可能性は、冷却の場合の10倍です。

 

Keep up with the latest in AI at EmTech MIT.
Discover where tech, business, and culture converge.(EmTech MITのAIの最新情報に従ってください。テクノロジー、ビジネス、文化がどこに収束するかを発見します。


September 11-14, 2018
MIT Media Lab

Register now 

 

以上英記事の翻訳でした。

Intelligent Machines(インテリジェントマシーン)
Google just gave control over data center cooling to an AI(Googleはデータセンターの冷却制御のコントロール権をAIに渡した。)
In a first, Google is trusting a self-taught algorithm to manage part of its infrastructure(最初に、Googleは自己学習アルゴリズムがインフラ制御において信頼できると踏んでいる)
by Will Knight
 
August 17, 2018

 

www.technologyreview.com

 

 

Shunzou

f:id:Shunzou:20180918124320j:image

 

 

 

起業2年目 社員増員 小説 ゼロムの物語(28)

2年目になると事業拡大のため社員を増やすことにした。ゼロムは、元いた会社の後輩に目を付けた。ゼロムより3つ年下のカロリという快活な女性である。ゼロムは、元いた会社に所属しているときカロリとよく飲んでいた。馬の合う仲間だった。カロリの愚痴をよく聞いてやったりしていた。自分も少しは愚痴を言っていたかもしれない。

 

 

 

 

 

「うちの会社でやってみないか?」

誘った酒の席でゼロムは切り出した。

カロリには会社のヴィジョンをしっかり伝えた。クライアントに真に意味ある提案しかしないということだ。カロリはゼロムのヴィジョンに賛同してくれ無事入社することとなった。

 

 

 

 

 

1ヶ月後カロリは入社した。カロリは優秀だった。営業職の経験しかないはずが、簡単なHTML操作、イラストレーターをすぐに覚えた。ゼロムが集客したクライアント対応も任さられたので会社のキャパシティが格段に上がった。カロリはよく頑張っていたので初期の給料20万円から23万円への昇給に時間はかからなかった。ゼロムはカロリのやる気を引き出すために昇給の決断をすぐにした。

 

 

 

 

相変わらずスマイル、コウ、ゼロムは徹夜で働く日があったが、カロリはオン、オフのはっきりした働き方をしていた。カロリは酒が好きで終業後は毎日飲んでいたようだった。そんなカロリをゼロムは心配していたが、実務に影響が出ていなかったので深く追及するようなことはしなかった。勤勉な社員を持ててゼロムは幸せを感じていた。仕事にもやりがいを感じていた。光との関係も良好であった。そんな起業2年目のゼロムであった。

 

 

Shunzou

f:id:Shunzou:20180828123632j:image

 

 

起業一年目 小説ゼロムに物語(27)

翌日、光と和解したゼロムは、自分の行いを酷く後悔した。しばらくするとマンションの管理会社から一連の騒動について問い合わせがあった。そのことでゼロムは隣の部屋の住民と、下の階、次いで、上の階の住人に謝罪文を提出することにした。これで警察沙汰の騒動は幕を閉じることになる。二度と暴力的な行動は取らないと誓ったゼロムであった。

 

 

 

 

 

雇われのサラリーマンと違って自分が頑張らないと会社は潰れてしまう。そんなプレッシャーよりも先にワクワク感がゼロムを支配した。ゼロムは寝る間も惜しんで働いた。会社経営は思ったよりも険しい道であった。とにかくやることが多いのだ。経理関係はコウが引き受けたためゼロムは営業に専念した。最初の1ヶ月で契約社数は3社を超えた。上々のスタートと言えた。コウの友人のスマイルも会社の業務にあたった。彼の最初の給料は10万円であった。その割にスマイルはよく働いた。スマイルがいたから会社は回っていたと言っても過言ではない。

 

 

 

 

 

スマイルは技術者をやってくれた。1番パソコンが得意そうだからという理由でだ。実際に彼の呑み込みは早かった。三種類ほどのweb言語を扱うようになるまで一年かからなかった。血反吐を吐くような努力をしたに違いない。スマイルも寝る間を惜しんで働いた。コウも寝る間を惜しんで働いた。問題を解決したと思ったらまた次の問題が起こるという具合にゼロムの会社は落ち着くことが無かった。だが着実に会社は成長していった。そのうち、スマイルが大きなミスを起こした。200万円の売上が吹き飛ぶミスであった。コウはスマイルを怒鳴りつけた。よく覚えていないが手も出したかもしれない。スマイルは怯えていた。仕事のことで怒りを露わにするコウは非常な迫力があった。結局しょうがないということで、ミスを次に活かすことで話がついた。この頃からゼロムはコウのことを能力は申し分ないが、怒りの感情のコントロールができない人間なのかもしれないと思うようになった。ゼロムもケアレスミスからコウにしばしば怒られることがあったが、言い方がキツイな。と思うようになっていた。

 

 

 

 

3人は一年間とにかく働いた。

会社は一年目を黒字で終えた。

年商3000万円程の小さな会社であった。

 

 

Shunzou

f:id:Shunzou:20180816144014j:image