読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Shunzou's Diary

Shunzouの日記

Concentrate Concentrate Concentrate

I could be easily distracted by something.
But we have strongest way to be stable.
Concentrate Concentrate Concentrate!!!
This is how we achieve great results.
Never be worried.Take your time.Thank to all.

Shunzou



変化に順応するということ 自ら道を創造するということ

表題ではたいそうなこと書きましたが、

今回は短文となります。

 

これからしばらくは、ずっと書き溜めていた物語を書きます。

 

毎日アップしますので宜しくお願いいたします。

一日3話×4日を遵守したいと思います。

 

こういうふうに宣言でもしないと継続するのが難しい私です。

 

楽しみながら継続したいと思います。

 

さあ。いこうか。

 

Shunzou

AndroidoneへのWIFI接続に五時間以上かかる人間

AndroidoneへのWIFI接続に五時間以上かかる人間

そして本日出した決断は、、、”委ねればよい”

 

IPhoneが完全におかしくなってから三か月、念願のAndroidophoneを手に入れた。

iPhoneで苦労した私はのっけから警戒心MAX各種設定に何時間もかけたものの

実際はどのような設定がベストか全く理解していないのである。

しかしながら各種通信デバイスを理解してやるぞ!と誓っているのでまたまた時間を投じることとなる。

スマホのWIFI設定。!!!

さあ実況いたします。

一つ気になるのがAndroidoneを購入後家に帰り、WIFI設定欄を開くと自宅の

Netgear(クラスB情報技術装置)=Vcci Counsiが定めている情報通信技術のランク

http://www.vcci.jp/index.htmlに登録されていた。自動で登録されるものなのだろうか。疑問に思う点ではないのか?

第一の手順

自宅のルーター購入時に同梱されている説明書を頼りに動きます。

ワイヤレスケーブルモデムの設定画面に接続

ということでさっそくURLをPCにて直打ちしました。すると、とあるHPあ出現!

https://www.lifewire.com/192-168-100-1-818368

なんだこれ?って、最初は”アブストラクト”かと思って無視。

しかし結局手持ちの説明書だけでは、全く設定が出来ず、サイトにカムバック!

そこで綺麗なお姉さんの画像が気になったのでGoogleで画像検索!すると、プロジェクトというキーワードが出現してきた。

この画像の最良の推測結果: プロジェクトの一例

Googleの画像認識ソフトはこの画像をプロジェクトと?

そんなはずはない!Google検索は人間対象のサービスの「はず」だ。

一見するとこちらの画像は”一人で仕事をしている女性”にみえるはずだ。

または”残業”だが、残業は暗い照明で表現するのがトレンドだ。

唯一考えられるのは、後方の本や資料に、なにか進行中のプロジェクト名等が記載されてる。だが、

そんなものは人間には認識できない。

おとと、、話が逸れた。

 

2.パソコン一台を有線欄で接続する。

自身のPCには優先接続らんがない。そこで父親のPCにて登録を行おうと思うが何か弊害はあるだろうか。

加えて疑問がもう一つ、スマホWIFI設定にPCを通す必要があるのだろうか?何故だ?

そこで下記キーワードをGoogle検索

android wifi接続 優先順位

そこでWASなるアプリを発見。さっそく試す。おおお!進んだ!あ、いや、connection failer!惜しい!

このアプリ、試しましたが、端末内の情報根こそぎ回収していくイメージです。

それでもうまくいかず、Yutubeに頼る!

https://www.youtube.com/watch?v=TGgRIczC9pQ

https://www.youtube.com/watch?v=Y3PTlPMweKg

出来ない!

そして、ついに脱線。

スマホ通信回線の理解 - どんな契約なんだろうとか考えだして、契約書を漁る!

 

電気通信サービス種類

携帯電話端末・PHS端末サービス、公衆無線LANインターネットサー,ビス

オプション

VoLTEオプション、ソフトバンクWIiFIスポット、ウエルカムレター一言語設定

 

ここで飯を食いに出かける。

すると入った居酒屋にてASUSという名前でWIFIが出現しあっさりつながる。

え?なにこれ?自宅ではガチガチなのに、出先はでは簡単に・・・?

いつも公衆の回線は警戒していたが、もうやめた。

だってつながってほしいときに繋がればいいんだもん。

逆にハッキング目的で回線を傍受している輩のほうがリスクを冒しているように思える。

 

知識習得はなりませんでしたが、なんだかすっきりできた一日でした。

 

Shunzou

耳鳴りの原因 五年後も健康な自分でいるために 

はてなブログ5周年ありがとうキャンペーンお題第2弾「5年後の自分へ」
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/hatenablog-5th-anniversary

 

昔、耳鳴りがひどかった。

一年間暗い耳鳴りがしていた。

だんだんと耳鳴りが大きくなり、酷くなり、最終的には痛み出すようになった。

 

だらしのない私は気にしていなかった。

 

だが、

 

そのうち小さな音にも反応するようになった。

ガタガタ

コトッ!

カーカー!チュンチュン!チュンチュン!

ガタガタカラカカラ

ゴロゴロゴロゴロ

ピーピーピーピー

ウーウウーウウーウ

 

遠い位置の工事

重機、人間の声、自動販売機の音、暖房の音、

 遠くから聞こえるサイレン、

 

音は遮断できます。

耳が圧迫されるくらいであればかなり厳しいです。

 

そんなにコストはかからないはず。

 

Shunzou

防音対策の効果的な方法は?防音対策にかかる費用は?|リフォームのことなら家仲間コム

 

 

級友と飲む 酒を。

飲む。

話す。

くだらなさで笑う。

飲む。

笑う。

話す。

半導体のことなど忘れて飲む。

話す。

笑う。ワハハ!(すいません)

 

これも楽しいか。

 

 

Shunzou

成長のとき(とする)

何もできていない。

まずは認めようそっからだ。

 

疲れが溜まり、

頭の回転は鈍い。

ここまで持って行った自分に呆れる。

反省です。

 

こんなときだから得られるものがある。

基本を叩き込め。

 

道は続く。

どこまでも。

どこまでも。

 

Shunzou

原点回帰だノートだとか言っておきながら半導体の原理に興味を持つ矛盾

図も文章も読みやすい。

でも一回読んだだけでは理解はできない。

http://www.tel.co.jp/museum/exhibition/principle/chp04_2.html

 

携帯のメモ帳全部消えました。

謎過ぎる。。。

 

Shunzou

文字の持つ力 手書きノートの魔力

更新ができていなかった。

メカ音痴な私は自分の携帯やパソコンに対して完全に疑心暗鬼に陥っていた。

 

なんで使いたい時に使いたい機能がうまく使いこなせないのかなあ。と。

 

開き直った。

 

自分の考えや経験、疑問はノートに書くようにした。原点回帰だ。これがすごく良かった。

 

ノートは自由だった。

制限がなかった。

 

ペンは魔法の杖のように感じ、ノートは完全に自分のものだと感じられた。

 

強い!

 

今もまだ疑問解決中である。

だが固執し過ぎるのはやめた。

 

ブログを更新しようと思ったのは読書登録してくれた皆さんや私が読書登録している皆さんに感謝の念が急に舞い降りたからだ。

 

Shunzou

 

(čāfgbxzźqwėrtÿÿüïòò)

 

継続は力なり 目の前のことに集中せよ

仕事中も

調べ物や興味のあることに気を取られて仕事へ集中出来ません。

 

これじゃ稼げない。

集中して淡々とこなせば必ず稼げる

→Shunzouの仕事は完全歩合です

 

今日も集中できなかったら - 一生出来ない人間

という烙印を押して奈落へ落ちていこうと思う。それくらいの覚悟で臨む!!!

 

電話営業60本。

これをやれ!!!

 

朝から覚悟を決めるShunzouでした。

暑苦しくてすみません。

 

さあ。いこうか!

 

皆さんも水曜日頑張って下さい!!!

 

Shunzou

家で電話営業することにした

なんだかオフィスで電話営業するのが嫌だ。

なんだか落ち着かない。

なんでか。

 

エンジニアさんたちばかりで静かだからかな。

 

1日60本荷電。これは死守。

 

さあ。結果出すぞ。

 

Shunzou

 

 

 

不思議中な夢だった

変な夢を見た。

窓の外に無数の光球が連なっていた。

幾層にも成っていた。

角度を変えると奴らは姿を変えた。

 

光球の中に顔が二つ三つもあった。

そのうち人型にも変化した。

 

十字架のような眩い光を放つものもいた。

 

そのうち光は天の方へエネルギーを放出し始めた。

 

周りの光も刺激されて暴れだした。

 

カラダがピリッと痛んだ。

耳鳴りもした。飛行機のような音がが聞こえた。そこで目が覚めた。

 

汗ビッショリだった。

 

光生命体。

この言葉がしっくりくる。

彼ら自体に意思は感じられなかった。

 

だが強い

強過ぎる。

 

不思議中な夢だった

 

寝よ。

f:id:Shunzou:20161004023128j:image

 

Shunzou