Shunzou's Diary

Shunzouの日記

死を覚悟する!よりは楽しくなることを見つけたほうがいい

死を身近に感じながら生きる。
毎日最後の日だと思って日々を過ごせ。

宮本武蔵を筆頭に、楽天の三木谷社長も著書でこの言葉について言及していた。

人生を逆算して考えろと言っていた。

急にそのことが頭に浮かんだので"生き方"について書こうと思った。

 

この言葉に出会ったのは23歳の頃だ。
出会ったときにすぐに取り入れようと思っていた。

 

しかしながら習慣というのはなかなか身につかない。

悪習慣はいつの間にか定着しているのに、良い習慣はなかなか定着しない。

 

しかし、習慣により人生は決まる。人生を変えたければ習慣を変えるしかない。

このことは何度も認識したことがあるしその度に決意を新たにする。

その度にその局面局面では変わることができる。だが完全に定着させるのが難しい。

 

定着させるには、ただ単に継続すればいいのだ。毎日毎日30分間でもいいから続ければいい。

継続する秘訣があるとすれば、苦しい中にも楽しさを見出すことだ。

その喜びは小さくてもいい。必死に食らいついて寝食ともに忘れるくらい打ち込んだ対象が改善されたり、事象を理解出来たりするとものすごく嬉しいはずだ。

家族や友人とのかけがえのない時間以外はその発見のために生きているようなものだ。

 

自分ルール

・感謝を毎日(いつからか朝晩祈るようになった)特定の宗教はもっていない。

・全てを肯定する(私は他人を批判するということをしない。その行為が嫌い)

・自分なりの目標を持つ(これは言語化・数値化できていればいいが、こう在りたいというような直感や感覚で認識できればいいと思う。追い求めているうちに詳細を把握し数値化できるようになるものだと思う。

・目標に到達するまで狂気じみた信念を持つ

・我欲を絶つ (血気盛んな若者には必要なことだと思う。大欲出なければよし

・偉大なる叡智と慈愛の心を目指す

・愛するものを幸せにする(幸せになりたければまず回りを幸せに)

・恥を掻き捨てろ

f:id:Shunzou:20160825204904j:image

 

Shunzou

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドメイン取得 年間 30円〜|ドメイン取るなら お名前.com